銀行向け 企業向け

Surecomp RIVO で自動化された ESG スコアリングを開拓し 持続可能な世界貿易の促進を支援

leaf-surecomp_ESG-min

Surecomp RIVO で自動化された ESG スコアリングを開拓し

持続可能な世界貿易の促進を支援

2022年10月11日、カナダ、トロント – Surecomp®は本日、同社の主力製品である貿易金融ソリューションRIVOにおけるESGのスコアリングおよびトラッキングの自動化の試験運用に成功したことを発表しました。700社以上の企業、数百種類の商品、貿易ルートをカバーする1000件以上の取引という比類なきデータセットに基づき、単一の貿易金融取引レベルでESGスコアリングを適用することが可能になりました。

コラボレーションプラットフォームRIVOの力を使い、金融機関、企業、船会社の貿易金融エコシステムは、Scope Group、Coriolis、WindWard、KYGTradeなどの世界クラスのESG評価機関に接続することができます。このアプローチにより、ESGパートナーからのデータフィードに基づき、事前に定義された基準に従って、取引を独自に採点することができます。これは、貿易とサプライチェーンのエコシステムのより深い部分を含む全ての関係者が、非倫理的な貿易に従事することによる評判と財務リスクを軽減し、貿易関連のESGプロファイルを積極的に管理し、ビジネスの環境と社会的影響を監視することを可能にする重要な一歩となります。

国際商業会議所(ICC)が提案する持続可能な貿易フレームワークの技術パイロットに参加しているSurecompは、個々の貿易金融取引に対する包括的なESGスコアを導入する先駆者です。主要なESG格付け機関の市場をリードするデータを統合したスコアリング・アルゴリズムは、様々なソースや複数のドメインからの部分的なESG入力を組み合わせる複雑さを解消し、便利な方法で一つの取引ベースの評価を提供します。

“Scope Groupのマネージングディレクターであるラルフ・ガーンは“企業のESGインパクトレビューと、当社の主力製品である船舶レビューから取得した海上ルートと船舶に関する広範なデータの両方を用いて、この革新的な取り組みをサポートできることを嬉しく思います。”と述べています。”

“CoriolisのCEOであるレベッカ・ハーディング博士は、「これは、ESGの評価に関連して貿易の個々の構成要素に注目した初めてのコラボレーションです。私たちは、Surecomp社とのコラボレーションを継続し、持続可能な貿易に関する業界をリードする正確なデータを提供することを楽しみにしています。」と述べています。”

“「ESGデータへのアクセスは、常に可視性を高め、取引先に対する統制を確立することを可能にします。RIVOのようなソリューションは、この点に関する可視性を高めることを目的としています。成長を促進するためのプロセスの効率化だけでなく、地球と社会の未来を守るために必要不可欠なものです。」と、”

“Schneider ElectricのGroup Trade Finance & Contract Engineeringの担当副社長であるValérie Bècheras Delhumeau氏はコメントしています。”

“Surecomp社のSVP Strategy and DigitizationであるEnno-Burghard Weitzel氏は、次のように述べています。「私たちは、銀行と企業の両方に対して、個別の取引ベースでESGスコアリングを提供する初の貿易金融ソリューションプロバイダーとなったことを非常に誇りに思っています。当社の使命は、お客様が取引プロセスをできるだけ簡単に最適化できるようにすることで、持続可能な世界貿易の推進に貢献することです。サステナブルファイナンスに優遇金利を提供する金融機関が増えています。同時に、外部のステークホルダーは、銀行と企業双方の「サステナブル」ポートフォリオについて、より高い透明性を求めています。リアルタイムのESGデータへのアクセスを提供することで、お客様は狭い貿易金融の範囲を超えて、ビジネス全体を最適化することができます。”