銀行向け 企業向け

LIBOR廃止への準備はできていますか?

LIBOR transition, compliance, RFRs

LIBOR(ライボー:ロンドン銀行間取引金利)は、1970年から広く使用されており、1986年に市場標準となって以来、世界的に認められたベンチマーク金利として機能しています。LIBORは、5つの通貨を対象とし、オーバーナイトから1年までの7つの期間でインターコンチネンタル取引所(ICE)が毎日公表しています。

200~300兆ドルのローン、住宅ローン、社債、その他の金融商品がLIBORに連動していると想定されており、貿易金融の観点からは、このレートが廃止されることで大きな影響を受けることになります。このように、LIBORが世界市場で重要な役割を果たしているにもかかわらず、なぜLIBORは廃止されようとしているのでしょうか。

LIBORの終焉

2008年の金融危機以降、LIBORは、IBAが「市場および取引データに基づく専門家の判断」と呼ぶ方法で決定されることが多くなり、信頼性が低く、操作の余地があるものになっていました。その結果、市場の信頼を失い、複数の銀行に罰金が科せられ、LIBORに連動する取引量が大幅に減少しました。

この結果、規制の見直しとその後の取り締まりが行われ、2014年には米国連邦準備制度理事会は、米ドルLIBORに代わる基準金利を推奨するために、代替基準金利委員会(ARRC)に委託しました。2018年、FRBは担保付翌日物調達金利(SOFR)の公表を開始した。

その後、他の規制当局が新しいリスクフリーレート(RFR)を提案するようになりました。RFRは、担保資産を確保した過去の取引ベースのレートであり、信用リスクはほとんどありません。新しいリスクフリーレートには、英国のSterling Overnight Index Average (SONIA)、スイスのSwiss Average Rate Overnight (SARON)、日本のTokyo Overnight Average Rate (TONA)、そして最近ではユーロ圏が発表したEuro Short-Term Rate (ESTER)と呼ばれる新しい無担保オーバーナイトレートがあります。

昨年来、市場ではLIBORの廃止に対応するために、LIBORベースの新たな取引を行わないことが推奨されてきました。英国金融行為監督機構(FCA)は、本年12月31日以降、LIBORパネル銀行によるLIBOR提示を期待しないことを規定しています。実質的には、この日をもってLIBORは信頼できる指標とはみなされなくなり、2023年6月以降は、LIBORは全く公表されなくなります。現在、市場では2021年末以降に期限が到来するLIBORベースのローンの新規発行は停止しており、実際に多くの銀行がさらに早い時期に期限切れになる契約に対してRFRを使用しています。

LIBOR廃止への準備はできているのか?

BAFTが発表した報告書によると、LIBORの廃止に対する銀行と企業の準備とリスクの軽減について調査した結果、スムーズな移行を実現するためには、まだ多くの課題があることが明らかになりました。複数の通貨でのRFRの有用性については明確ではなく、これは銀行が移行計画を顧客企業に効果的に伝えるための課題となっています。

LIBOR に連動した契約の特定、レビュー、分類には継続的な課題があります。このような契約は、フォールバック条項を用いて改訂する必要があり、シンジケート・ローンのような一部の商品は、移行期間が長くなり、複数の通貨のローンは複数のRFRを必要とし、取引はより複雑になります。

これは、LIBORが将来を見据えた金利であるのに対し、RFRは過去を遡ったオーバーナイトレートであるため、支払利息の可視性の違いから課題が生じます。事実上、RFRは、市場参加者が現金をオーバーナイトで借りる際に支払う個々の日次レートの中央値に基づいて算出されるため、支払利息の予測が困難になります。また、売掛債権の割引、イスラムに準拠した商品(利益率が当該期間の開始前に設定される)、プロジェクト・ファイナンスなど、事前に利息を計算する必要がある一部の商品についても課題があるでしょう。

移行時の課題への対応

移行のための計画を立てることが重要であり、LIBOR からのスムーズな移行を保証するために、銀行が適用できるいくつかの方法があります。

テクノロジー – 貴社のプロセスや計算をサポートするために使用されているテクノロジーアプリケーションが、RFRベースのファイナンスリクエストをサポートする機能を備えていることを確認するための対策を講じます。

契約‐契約書を改訂し、新規リクエストへのフォールアウト条項の適用し、変換手順を適用して、従来の契約による影響を軽減します。

戦略 – 新しいレートへの移行に対応した新しいビジネス戦略を検討します。新製品開発への投資やビジネスモデルの方向転換が必要か?

コミュニケーション – 社内外の必要なリソースを連動させ、組織し、訓練します。

移行のペースは急速に加速しており、現在、多くの市場参加者が移行計画に大きく関与しています。しかし、もし貴社が遅れをとっているのであれば、私たちがお手伝いします。Surecompは、ソリューションの様々な分野でLIBORを使用してきましたが、その結果、世界中のお客様をサポートするために必要な調整を行う必要がありました。当社はLIBORの廃止に備えていますが、お客様にもLIBORの廃止に備えていただきたいと考えております。